ジャズの名演・名盤navi.

スタン・ゲッツ/Stan Getz

スタン・ゲッツ.jpeg

スタン・ゲッツ
英語表記:Stan Getz(本名:Stanley Gayetzky)

生年月日:1927年2月2日
没年月日:1991年6月6日(満64歳没)
出身:アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル:ジャズ、クール・ジャズ、ウエストコースト・ジャズ、ボサノヴァ
種別:サックス奏者(テナー・サックス)

1927年2月2日、ペンシルベニア州フィラデルフィアのハーレムでユダヤ系ウクライナ人移民の家庭に生まれる。
それまでコントラバスを弾いていたが、13歳の頃、父に買ってもらったサックスで演奏を始めた。16歳頃からバンドに参加し、スタン・ケントン、ジミー・ドーシー、ベニー・グッドマンの各楽団で活躍した。1940年代後半に、ウディ・ハーマン第二期モダン・オーケストラ(セカンド・ハード)における組曲「サマー・シーケンス」の最終章「初秋(アーリー・オータム)」の名演を皮切りに、クール・ジャズを代表するテナー・サックスとして知られるようになる。

しかし、一方で麻薬にも手を染めるようになり、1954年には注射用のモルヒネ欲しさにシアトルの薬局で武装強盗未遂事件を起こして逮捕され、ロサンゼルス郡南カリフォルニア大学医療センターに収容されてしまう。
ヘロイン中毒で実刑判決を受け、半年間の服役生活を終えた後は北欧へと旅行をするが、その際に北欧に魅せられたためか、スウェーデンに移住し、民謡を題材にした作品を制作したりなどし、ジャズからは離れていた。

その後、1961年にアメリカに帰国し、当時注目されていたブラジル音楽のボサノヴァを採り入れたアルバム『ジャズ・サンバ』をチャーリー・バードと共に録音。それによってジャズ界におけるボサノヴァ奏者の第一人者としての評価を得る。1963年にはジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンと共に『ゲッツ/ジルベルト』を録音し、グラミー賞4部門を独占する大ヒットとなる。
1970年代になると、当時の流行であったフュージョンも取り入れ、1972年にはリターン・トゥ・フォーエヴァーのチック・コリアやスタンリー・クラークを従えたアルバム『キャプテン・マーヴェル』を発表。

1988年には、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのアルバムである『スモール・ワールド』にサックスのソロでゲスト演奏をしている。
その後、麻薬に代わってアルコール依存に悩まされつつも演奏活動を精力的に続け、晩年は癌との闘病生活を続け、1991年6月6日肝臓癌により亡くなった。(Wikipediaより)



ブッカー・リトル/Booker Little

ブッカー・リトル.jpeg

ブッカー・リトル
英語表記:Booker Little(本名: Booker Lttle, Jr.)

生年月日:1938年4月2日
没年月日:1961年10月5日(満23歳没)
出身:アメリカ、テネシー州メンフィス
ジャンル:ハード・バップ、アバンギャルド・ジャズ
種別:トランペット奏者

ブッカー・リトルは、23歳で夭逝したにもかかわらず、ジャズへの重要な貢献を行った。スタイル的に見てリトルのサウンドは、クリフォード・ブラウンの演奏をルーツとしており、歯切れのよいアーティキュレーションや磨き抜かれたトーン、バランスのよいフレージングが特徴である。クリフォード・ブラウンの後に独自のサウンドを開発した最初のトランペット奏者のひとりと見なされている。

シカゴ音楽院に学び(1956〜58年)、この間ジョニー・グリフィンら地元の主要なミュージシャンと共演した。ニューヨークへ移った後、ドラマーのマックス・ローチや、マルチ・インストゥルメンタリストの名手エリック・ドルフィーと共演するようになり、サイドマンやリーダーとして彼らとレコーディングを行なった。

1960年12月21日に録音されたドルフィのアルバム『ファー・クライ(Far Cry)』( New Jazz 8270 )に参加した後、翌1961年6月にニューヨークのジャズクラブ、ファイブスポットにドルフィと共同で出演し、ここからプレスティッジ・レコードによる三枚の古典的アルバムが誕生した。50年代中頃のクリフォード・ブラウンに始まる「土着の」ビバップ・イディオムの表現拡大の可能性を示し始めたが、同年10月5日、尿毒症の合併症によりニューヨークで急逝した。(wikipediaより)

クリフォード・ブラウン/Clifford Brown

クリフォード・ブラウン.jpeg

クリフォード・ブラウン
英語表記:Clifford Brown

生年月日:1930年10月30日
没年月日:1956年6月26日(満25歳没)
出身:アメリカ、デラウェア州
ジャンル:ハード・バップ
種別:トランペット奏者

デラウェア州ウィルミントン生まれ。父が持っていたトランペットに興味を示し、12歳の頃から吹き始める。1948年、デラウェア州立大数学専攻入学、1949年、メリーランド州立大音楽科専攻転校。学生バンドなどで演奏活動をしていた頃、ディジー・ガレスピーに出会い、本格的にジャズ・ミュージシャンを目指すようになる。フィラデルフィアを拠点に活動していた頃、チャーリー・パーカーと共演。チャーリーはクリフォードの演奏に感銘を受け、アート・ブレイキーにクリフォードを推薦した。

1953年、タッド・ダメロン楽団に参加。同年、J・J・ジョンソンと共演。同年、アート・ブレイキーのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。同年、ライオネル・ハンプトン楽団のヨーロッパ・ツアーに参加。

1954年2月21日、ニューヨークのジャズ・クラブ「バードランド」で、アート・ブレイキーを中心に行われた歴史的セッションに参加。この模様は『バードランドの夜』というタイトルでレコード化された。同年、マックス・ローチとともにクリフォード・ブラウン = マックス・ローチ・クインテット結成。1955年11月には、ソニー・ロリンズがメンバーとして加わる。

1956年6月26日、リッチー・パウエル(バド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイクで交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、クリフォードの死に激しいショックを受け、1957年、クリフォードを追悼してバラード「アイ・リメンバー・クリフォード」(I Remember Clifford) を作曲した。この曲はジョン・ヘンドリックスによって歌詞を与えられ、ジャズ・スタンダードとなった。トランペット奏者のリー・モーガンによる演奏で知られる。
(wikipediaより)

Copyright © ジャズの名演・名盤navi. All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます