ジャズの名演・名盤navi.

-  |  次の3件 »

ジャッキー・マクリーン/Jackie McLean

ジャッキー・マクリーン.jpeg

ジャッキー・マクリーン
英語表記:Jackie McLean(本名:John Lenwood McLean)

生年月日:1931年5月17日
没年月日:2006年3月31日
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州
ジャンル:ハード・バップ・ジャズ、フリー・ジャズ
担当楽器:アルト・サックス
...................................................................................



★他のアルバム作品をチェックしてみてください!
>>Amazon.co.jpで検索!!
★Jackie McLean:biography
♪wikipwdia
★Jackie McLean:discography
♪JAZZDISCO
★Jackie McLean: Sentimental Journey
♪YouTube
..........................................................................................
■太陽光発電の落とし穴に注意しましょう!是非このサイトをご覧ください!

ソニー・クラーク/Sonny Clark

ソニー・クラーク.jpeg
ソニー・クラーク
英語表記:Sonny Clark

生年月日:1931年7月21日
没年月日:1963年1月13日
出身地:アメリカ合衆国ペンシルベニア州
ジャンル:ハード・バップ・ジャズ
担当楽器:ピアノ

4歳でピアノを始める。ハイスクール時代には、ピアノの他にヴィブラフォンも演奏していた。1951年には西海岸を拠点に音楽活動を開始する。1954年1月、ビリー・ホリデイのケルン公演に参加。

1957年、ニューヨークに移りソニー・ロリンズと共演。同時期にブルーノートと契約し、いわゆる「1500番台」のシリーズから、何枚かのリーダー・アルバムを発表。代表作として挙げられるのは、ジャッキー・マクリーン(サックス)やポール・チェンバース(ベース)等が参加した『クール・ストラッティン』(1958年)。とりわけ日本で人気が高く、ジャズ喫茶で頻繁に流された。しかし、本国アメリカではヒットに結びつかず、ブルーノートの創設者アルフレッド・ライオンは、日本から本作の注文が殺到したことを不思議に思ったという。

ソニーはサイドマンとしても重宝され、リー・モーガンの『キャンディ』やデクスター・ゴードンの『ゴー!』等、多数のアルバムに参加した。1963年1月13日、ヘロインの過剰摂取により31歳で亡くなる。没後も日本での人気は高く、1986年の第1回マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルでトリビュートバンドが『クール・ストラッティン』再現セッションを行った際、会場は盛り上がった。(Wikipedia)

★他のソニー・クラークのアルバム作品を
>>Amazon.co.jpで検索!!
★Sonny Clark:discography
♪JAZZDISCO
★Sonny Clark:Sound!
♪YouTube

タグキーワード

アート・ブレーキー/Art Blakey

アート・ブレイキー.jpeg

アート・ブレーキー
英語表記:Art Blakey(本名:アーサー・ブレイキー)

別名:Abdullah Ibn Buhaina
生年月日:1919年10月11日
没年月日:1990年10月16日(満71歳没)
出身地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
ジャンル:ハード・バップ・ジャズ
担当楽器:ドラム, パーカッション

10代後半からバンドで活動しニューヨークへ進出。1944年からビリー・エクスタインの楽団へ入り、1940年代後半からマイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャーリー・パーカーらと共演後、1954年から1955年にかけてホレス・シルヴァーと初代のジャズ・メッセンジャーズを結成。クリフォード・ブラウンやルー・ドナルドソンらを擁してジャズ・クラブのバードランドに出演して人気を博した。

「モーニン」の大ヒット後、ゴルソンは翌年(1959年)にジャズ・メッセンジャーズを離れ、その後はテナー・サックスはハンク・モブレーらが担当したが、同年(1959年)秋に、同楽器担当にウェイン・ショーターが入り、その際、ショーターは同バンドの看板曲の1つである「チュニジアの夜」を、ドラム・ソロを中心とするアレンジに新たにリメイクし、1960年8月14日、ブルーノートにアルバム「チュニジアの夜」(BLP-4049,BST-84049)の1曲として録音。これが、同曲のブレイキーの長いドラムソロの象徴的な曲として親しまれることとなった。(Wikipedia)
>>詳しくはこちらから!


★私のお薦めアルバム

★ケニー・ドーハム、ハンク・モブレイ、ホレス・シルヴァー、ダグ・ワトキンスを擁する“オリジナル・ジャズ・メッセンジャーズ”の「カフェ・ボヘミア」でのライブ・アルバムVol.1。ハードバップの成立を高々と宣言したジャズ史上に残る名演だ。
当時の状況から言って、評価を確立しBNレーベルのリーディング・アーティストとして君臨し始めていたホレス・シルヴァーに対して、1955年11月の本作の録音によって、アート・ブレイキーは本家ジャズメッセンジャーズを名乗り、ジャズの前線に躍り出た。
ニューヨークのジャズの先鋭的なメッカ、「カフェ・ボヘミア」出の演奏ということでも、このクラブの名前を広く広めた。


★他のアルバム作品を
>>Amazon.co.jpで検索!!
★Art Blakey:discography
♪wikipedia
★Art Blakey:Movie「モーニン」
♪YouTube
..........................................................................................
・野菜はどこで購入してますか?
・野菜の安全とは! 
・子供の野菜不足にはご注意を!

タグキーワード
-  |  次の3件 »
Copyright © ジャズの名演・名盤navi. All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます